新緑 お茶と着物

 

お茶と着物おはようございます!

飯田市で着物・小紋染めの魅力を発信しているオキちゃんです!!

南信州飯田市は曇り~のお天気です。….さて今回は

☆お客様レポートをお伝えいたします☆

今年の初めに新緑の季節にお茶会にお召しになりたいと、お客様からきものと八掛の染め加工のご依頼がありました。
そして、先日その仕立て上がりのきものを着ていただいき、写真を撮らせていただきました。

明るい黄緑色は新鮮で顔映りも良く、健康的な印象になりました。
細かなキリ小紋柄は、平安時代の公家の衣装で男女が描かれています。
このきものに合わせ、染め上げた八掛は細かな松葉の小紋柄を濃い緑色で表現し、きものの色とのコントラストがモダンで粋な仕上がりになりました。

八掛が落ち着いた品の良い演出はお茶の席にもぴったり!

また、モダンな色使いの博多帯をお持ちだとの事で、お食事やお出かけにも個性豊かにコーディネートを楽しむことができ、小紋染めのきものは様々なシーンで着ることができて、たいへんうれしいとおっしゃっていました。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × 2 =