春先取り 小紋の着物

biz 投稿1biz 投稿2

 

 

 

 

 

 

こんにちは!
南信州飯田市で日本のよき文化・小紋染の魅力を伝える オキちゃんです!!

☆お客様レポートをお伝えします☆

この時期に東京の取引先のお客様より、ご注文いただく
男物羽織裏。
そして、春を先取りしたかのような、淡い明るい小紋の着物を
先日、地色をしごきました。

biz 投稿3しごきとは、地色を全体に色糊をのせて染めることを言います。
写真をご覧いただくとわかりますが、伝統的な柄付です。
この伝統的な柄がとてもモダンに映るのはなぜでしょうか?

季節の色、そして日本の伝統色、日本文化が現代の私たちの心をゆさぶるからでではないでしょうか。

「小紋」とは現在は模様の大きさや密度に関わらず、
上下方向関係なく模様が入っている着物は総称して言われています。
「小紋」が男物の羽織裏に・・・・
と思われますが、小紋柄には男女の区別なく使われる柄がたくさんあります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 + twenty =