短大生が染めを体験

こんにちは!
南信州飯田市で日本のよき文化・伊勢型小紋染の魅力を伝える
創作染工房【久】のオキちゃんです。

昨日は、飯田女子短期大学の家政科染織コースの生徒さんが
染の実践に【久】の工房に訪れました。

 

染体験 課外授業 女子短

 

 

 

 

 

 

マフラータオルを好きな色で部分染めを体験しました。
実用的ですぐに使えそうなタオルマフラーは、鮮やかな色で染め上り
染めているうちに生徒さん達一人一人に
色に対するインスピレーションが湧き上がっていたようです。

若い人のインスピレーションや感性にはびっくりするばかり!

 

今後は少しずつ型を使った染に、挑戦していきたいとのことです。
このように若い人が染体験ができる機会をもっと増やしたいと
「久」では考えております。

しかし振り返ってみると
昔はよく学生の子供たちが
学校の課外授業で体験に来ていましたが
今ではメッキリなくなってしまいました。

本来地元の子供たちが地元の文化に触れる
ことは当たり前のことだった。
しかし時代とともに変わってくるもの…
だからこそ今

私たちが情報を発信し、文化に触れるきっかけを機会を作っていきたい

と思っております。

今回の事が
地域にある日本の染の文化を知っていただく
良い機会になればと思っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 1 =