小紋・古典柄

小紋は昔から高度な技で作成された伊勢型紙を使って、独特の模様を染め抜いて製作します。
型紙彫刻師によって模様が彫られた型紙は染め師によって、白生地に染めつけられます。
これが生地が 反物になる瞬間です。そして、反物は皆さんの手が通されて「きもの」になります。

製作手順

①張り

長板(スクリーン板)に玉地(白生地)に歪みができないように均一に引っ張ります。
この無地生地に樹脂糊を薄く塗ります。

②型付け

型紙(シルクスクリーン型)を生地の上に置き、左から右に向かって目糊を置きます。
小紋染め制作風景

③糊塗り

仕上げの地染め色糊を作ります。

○染料は糊と一緒に混ぜて塗りこむことで着色を助けます。
また、この糊は私たちがご飯として食べている飯を元に作られています。

④地染め

しごき染(地染め)1反の長さ13mほどの長板に色糊をヘラで塗ります。

○現在は反物に糊を乗せる地染めは機械を使います。

小紋染め作業工程

⑤張り

糊を乗せた生地通しがつかないよう、ふるいにかけたおが粉を全体に振り散らします。

○写真の肌色のものは、おが粉(木を削るときに出る粉です)
小紋染めができるまで

⑥蒸し

数反の生地を蒸し棒に掛け蒸し器に入れて、20分ほど蒸します。

○これにより、染料が生地に定着します。写真は生地が蒸し器から出てきたところです。

⑦水洗い

色糊や、粉、染料をよく落とします。
小紋染め作業

⑧乾燥

外の風が良く通るところで完全に乾かします。

小紋染め作製

⑨地直し

筆と、小刷毛で地目を修正します。

⑩完成

反物の整理をして完成になります。
整理とは湯のしをして、しわをとり、仕上げをすることを言います。